MotorcycleTourist’s blog

バイクツーリングとカメラが趣味の大学生です。ツーリングの記事をメインにブログを更新します。

125ccバイク日本一周の旅2015 04 「四国上陸」神戸 - 室戸岬

f:id:MotorcycleTourist:20160515195108j:plain

2015年の「125ccバイク日本一周の旅」今回はその四日目です。

ここまでは東海道を西へ進み名古屋へ、そして紀伊半島を一周して神戸まで辿り着きました。四日目は朝早く神戸を出発し、岡山県宇野港からフェリーで高松へ渡る予定だったのですが・・・

 

三日目夜の衝撃「フェリー会社が事業撤退していた!?」

神戸に到着した三日目の夜・・・

 

f:id:MotorcycleTourist:20160511210956j:plain

目的地である神戸に辿り着いた三日目の夜。翌日は早朝に神戸を出発し、岡山県宇野港からフェリーで香川県高松に渡る予定でした。

 

出港時刻の再確認のため、

フェリー運行会社のホームページを調べてみると"驚くべき記述"が・・・

 

 

 

「弊社の宇野~高松航路フェリー事業は~(中略)、平成24年10月17日をもちまして休止いたしました。」!?!?!?

 

 

・・・な、な、な、な、なんだって!?!?!?

 

 

・・・どうしよう。困った困った。

 

翌日の宿泊予約は既に高知県室戸岬にあるライダーハウスに取ってあります。

 

明石海峡大橋瀬戸大橋125ccバイクでは渡れない。125ccバイクが走行可能な四国と本州を繋ぐ唯一の陸路は広島と愛媛を繋ぐしまなみ海道」のみ

 

その距離およそ500km・・・ムリムリ絶対ムリ!!!

 

 

 

 ・・・ん?待てよ?

 

本州と四国を繋ぐ陸路は「しまなみ海道」しか無いけど、フェリーなら他にもあるのでは? 

 

 

 早速調べてみると「神戸~高松」を結ぶフェリーを発見!!!

「午前8時00分 神戸発 午後0時00分 高松着」の便を即行予約しました(笑)

 

 

ふぅ~・・・どうにかなった・・・でもどうしてこんなことに?

Google Mapでは宇野~高松が点線(航路)でしっかりと結ばれています。

 

このような事態になってしまった理由

 

実は、

岡山県宇野港香川県高松港を結ぶフェリーを運航している会社2つ存在し、そのうちの一社が事業を撤退し、もう一方は未だ現役で運行していたのでした。

 

自宅のパソコンで調べたときは現役で運行しているフェリー会社の情報がヒット神戸でスマートフォンから検索したときは事業撤退したフェリー会社のホームページがヒットしたことがこのような事態となった原因のようです。

 

 

このことは後日調べた際に発覚。

当時はこのことに気づくこともなく、神戸発のフェリーを予約できたので安心して寝てしまいました。

 

 

 DAY 04 「四国上陸」室戸岬を目指して

 2015年8月12日午前6時30分 神戸三宮を出発

f:id:MotorcycleTourist:20160516112250j:plain

朝風呂を済ませて神戸三宮を出発。

午前8時00分 神戸発 のフェリーを予約したので、早めにフェリーターミナルへ向かいます。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516112704j:plain

乗船開始まで待機中・・・

バイクでフェリーに乗るのは初めてなのでとてもワクワクします。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516113020j:plain

午前7時20分 乗船開始。いくぜ四国!!!

 

 

午前8時00分 神戸を出港!高松まで4時間の船旅

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516113208j:plain

明石海峡大橋の真下を通過。

 

神戸から高松までおよそ4時間。フェリーに乗り遅れたら一大事なのでこの日は午前3時30分に起床(笑)

フェリーの中で仮眠をとります。 

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516113224j:plain

高松に上陸したら美味しいうどんが食べられるのに、フェリーの食堂でうどんを注文(笑)

でも、こういううどんも旅情を感じるので好きです。

 

小豆島を経由していよいよ四国上陸へ!!!

 

 

午後0時00分 四国上陸!香川県高松に到着

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516114040j:plain

朝、神戸を出発したときは青空も見えていましたが、高松は曇り空。

まぁ、良い天気ばかり続くわけないので仕方がない!

 

香川県といえば「うどん」ですが、どうしても行ってみたかったうどん屋さんが・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516115114j:plain

『うどん本陣山田家』!!!

 

水曜どうでしょう四国八十八ヶ所完全巡拝」シリーズで、どうでしょう班が肝心の寺巡りより優先してしまったうどん屋さん。

どれほど美味いうどんなのか、気になっていました。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516115129j:plain

それにしても店構えが立派過ぎる・・・

門をくぐるとまるで日本庭園。値段調べてないけど大丈夫かな・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516115142j:plain

午後1時00分 うどん本陣山田家本店

 

ざるぶっかけうどん(570円)を注文!

値段がお店の外観と良い意味で釣り合ってなくて拍子抜け(笑)

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516120102j:plain

美味い!!!

 

「コシの強い麺が讃岐うどん」という認識だったのですが、ここのうどんはこれまで食べてきた讃岐うどんとは全く異なります。

 

なんて説明したら良いのでしょう、コシはあります!しっかりとした歯ごたえ

ですが、麺の外側が柔らかいというか、モチモチしているんです!

すするのも良し!しっかり噛んで味わうのも良し!

今まで味わったことのない美味しいうどんでした。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516120714j:plain

午後1時30分 うどん本陣山田家さんを出発

 

出発してすぐに、大きなミスを犯したことに気づきます。

 

 

 

「メガネ失くした!!!」

 

山田家さんに到着したとき、ハンドルにメガネをかけて置いたのですが、メガネをつけわすれたまま出発。途中で落としてしまったようです。

まずい・・・眼鏡が無いと運転できない・・・

 

 

 

・・・ですが、そんな事もあろうかと、

予備のメガネを持ってきていました!!!

 

 

危ない危ない・・・念入りに準備しておいて良かった・・・

 

とはいえ、まさか旅の四日目でメガネを失くすとは。

また新たに予備のメガネを購入せねば。

 

 

午後から200km!徳島の不思議なモニュメント

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516122603j:plain

山田家さんを出発したのが午後1時30分。

朝早くからフェリーに乗り、四国上陸後はすぐ昼食をとったので、この日はまだほとんど走っていません(笑)

 

四日目の目的地・高知県室戸岬まで200km以上・・・日没までには到着したいところ!

国道11号線・国道55号線で室戸岬を目指してひた走ります。小雨も降ってきました。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516123259j:plain

どんよりとした曇り空。折角の海沿いのルートですが残念(笑)

でも、この「うずしおロマンチック海道」はちょっとオモシロイ道でした!

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516123547j:plain

国道11号線の旧道部分に不思議な彫刻が点在しています。

とても不思議な光景です。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516124015j:plain

金属で出来たモニュメントをくぐり抜けたり(笑)

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516124458j:plain

 徳島市の中心部に到着。まだ室戸岬まで100kmほど・・・

 

 

徳島県から高知県へ・・・神秘的な四国の山々

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516125221j:plain

徳島からは国道55号線で室戸岬を目指します。

四国の山奥を快走。 

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516125234j:plain

遠くの山々は雲に包まれ、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

曇り空で寧ろ良かったかも。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516125441j:plain

四国といえばお遍路さん!

数十kmの間何も無いような山奥を、歩いてお遍路している方を何度か見かけました。

・・・凄い気力ですね。自分には到底真似できないです。

 

高知県に入り、室戸岬へ向けていよいよラストスパート!

 

 

最果ての場所へ、室戸岬へ続く絶景道路

山間部を抜け再び海岸線へ。

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516131229j:plain

室戸岬へと続く国道55号線。 凄まじい絶景です。

 

視線の先、遥か彼方まで延々と続く海岸線、その距離およそ30km。

その先端が室戸岬です。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516131240j:plain

陸と海の境界線をただひたすら突き進みます。辺りには何もありません。

"最果ての場所"へ向かっているという感覚をひしひしと感じます。

 

そして・・・

 

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516131521j:plain

日没も間近に迫った午後5時50分 高知県室戸岬に到着!

 

先客はカップルが一組。時刻の関係もあると思いますが、あまり観光地というわけでもなさそうです。でも、途中の道のりが大迫力だっただけに、辿り着いた達成感を感じました。

 

 

この日の宿泊予定地は室戸岬付近にあるライダーハウス

なんでも、高知県室戸市?が運営しているライダーハウスだそうで、室戸市の観光課に電話して予約をしました。

 

ローソンで夕食を買い、道に迷いながらも無事ライダーハウスへ。

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516131558j:plain

・・・辿り着いたけど管理人さんがいない(笑)

先客のライダーさんがいたので聞いてみると「さっきまでいたんですけどね・・・」とのこと。

 

どうしたものかと受付でぼ~っとしてると、どこからともなく管理人のおじさんが現れました(笑)

公営のライダーハウスというので「ライダーハウスらしからぬ生真面目な雰囲気なんだろうか?」などと考えていましたが、とても気さくで温かいおじさんでした(笑)

 

お茶をいただきながらライダーハウスが出来た経緯、今までここを訪れた旅人について、友だちにも是非オススメしておいて欲しい(笑)など、色々お話を聞かせていただきました。

色んな旅人と接することができる仕事・・・憧れますね。その分大変なこともたくさんあると思いますが。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160516131609j:plain

ライダーハウスですが雑魚寝ではなく、ガレージ付の長屋のような感じでプライベートはしっかりと確保できます。各部屋にひとつずつシャワー・トイレもあります。

必要十分 + αにして清潔感もあり、とてもオススメできる場所でした!

 

 

天候にはあまり恵まれなかったものの、四国上陸を果たし、うどんを食べ、四国の神秘的な、雄大な自然に触れた四日目。

翌五日目はこの旅屈指のドラマチックな一日となるのでした。

 

 

◇125ccバイク日本一周の旅2015 DAY 04◇

出発:神戸 午前6時30分

到着:室戸岬 午後6時30分

走行距離:226km(メーター読み)