読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MotorcycleTourist’s blog

バイクツーリングとカメラが趣味の大学生です。ツーリングの記事をメインにブログを更新します。

125ccバイク日本一周の旅2015 05 「奇跡の一日」 室戸岬 - 松山

f:id:MotorcycleTourist:20160520082427j:plain

2015年夏の「125ccバイク日本一周の旅」、今回はその五日目になります。

 

四日目は四国上陸を果たし、高知県室戸岬まで辿り着きました。五日目は室戸岬から高知市内、四国カルストなどを経由して愛媛県松山を目指します。

思い通りにはいかない旅の洗礼を受けると同時に、信じられない「奇跡」に遭遇するなど、旅の魅力を存分に感じた一日でした。

 

DAY 05 「奇跡の一日」めまぐるしい天候変化に大苦戦

2015年8月13日午前5時00分 高知県室戸岬を出発

f:id:MotorcycleTourist:20160520084148j:plain

午前1時30分 激しい雷雨の音で起床。

天気予報はたしかに悪かったけど、まさか雷雨になるとは思わなかった・・・

大雨と強風が吹き荒れ、時折雷が鳴り響く。

 

時刻は深夜1時30分。流石に早すぎるのでもう一度寝る・・・

 

 

午前3時30分 起床、辺りが明るくなるのを待って出発。

2時間前まで吹き荒れていた雷雨は収まり、辺りはとても静かでした。

 

宿泊しているライダーハウスから海沿いの国道までは

細い山道を通らなければならず、

先程まで大雨が降っていたこともあり

路面の状況が掴みづらいと判断。

辺りが明るくなるのを待って出発。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160520085521j:plain

高知県出身の先輩から

「高知に行くなら、ひろめ市場でカツオを食べて!」

と勧められていたので、朝食は70km先の高知市・ひろめ市場で!

この日は寄りたい場所が他にもたくさんあったので早朝に出発。

 

目まぐるしく変化する天候

思った通りには上手くいかない難しさ

思いもしなかった素晴らしい体験

旅の記憶に深く刻み込まれることとなった「奇跡の一日」が始まります。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160520092638j:plain

徐々に明るくなっていく空。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523200052j:plain

雨は止んでいるものの、空はどんより・・・

雲のわずかな隙間から見える青空がせめてもの救い。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523200551j:plain

ペース良く走ります。高知市はもうすぐ。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523201020j:plain

高知といえば坂本龍馬坂本龍馬といえば桂浜!桂浜へ向かいます。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523201154j:plain

午前6時30分 桂浜到着。

朝早すぎたからか駐車場にはまだ入れず(笑)

路上駐輪で切符を切られたくなかったので、今回は龍馬像を断念。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523201808j:plain

海沿いに走る一直線の道路。

青空もだいぶ見えてきたのですが・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523201823j:plain

午前7時00分 高知市内到着。

バイクの停められる駐車場を探していると

また雨が降ってきました・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523201946j:plain

高知名物「はりまや橋

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523201957j:plain

高知市ひろめ市場「鰹のたたき定食」

 

・・・美味い!!!

驚いたのが「鰹 + ニンニク + ご飯」のトリプルコンボ

それまで鰹は醤油につけて食べるだけだったのですが

この日以来、鰹を食べるときはニンニクとご飯が欠かせません。

それくらい病みつきになります!是非お試しあれ!

 

 

高知市を出発、横浪黒潮ラインで須崎市

朝食を終え、午前8時40分に高知市内を出発!

Twitterアカウントでこの日の予定ルートをツイートすると、

四国を同じくツーリング中というライダーさんからふぁぼを頂きました。

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523202943j:plain

 

 

Twitter上でご挨拶!

なんでも、松山方面から四国カルストを通って

高知方面を目指すのだとか。 

「自分とは真逆のルート、遭遇することは無さそうだな」

なんて思っていたのですが・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210638j:plain

到着時には雨が降っていた高知市内ですが

出発する頃にはすっかり良い天気に!

・・・なんだか、四国は天気がコロコロ変わるなぁ(笑)

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210648j:plain

朝食をとったばかりですが

高知市から30kmほど離れた須崎市にも

「コレを食べて欲しい!」と先輩から勧められていたモノがありました。

 

真っ直ぐ向かったのでは

あっという間に着いてしまうのであえて遠回り。

「横浪黒潮ライン」という、

いかにもナイスな匂いのする海沿いルートを発見したので

そちらを通って須崎を目指すことに。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210700j:plain

この選択が大正解!!!

細長く伸びる横浪半島を、尾根伝いに走る絶景道路。

左手には風光明媚な海岸を望みます。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210730j:plain

偶然発見した絶景に感動も一入。

調べてみるとあまり有名な道路ではないみたいです。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210741j:plain

綺麗な海と緑のコントラストが美しい・・・

晴れている日に是非!

曇りだと良さが半減してしまうかも。

 

 

午前11時00分 須崎市「橋本食堂」到着!鍋焼きラーメンを食す!

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210802j:plain

日も昇りきってすっかり猛暑。

かなり前に須崎市には到着していましたが

お店が11時開店だったので待機。

須崎市には鍋焼きラーメンなる名物があり

真夏日でもお店は開店前から大行列

 

11時になり開店!いざ、鍋焼きラーメン

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210815j:plain

This is a 須崎名物・鍋焼きラーメン

鶏がらの醤油スープにストレートの細麺!

写真を撮り忘れましたが

ここに生卵を落としていただきます。

 昼食を終え、四国で最も楽しみにしていた四国カルストへ向かいます!

 

 

いざ四国カルスト、絶景の天狗高原へ!

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523210839j:plain

午前11時40分 須崎市を出発。

国道197号線で四国カルスト・天狗高原を目指します。

天候は快晴!前途洋洋!

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523211535j:plain

迫りくる山々・・・思わず見上げてしまう。

海沿いから少し内陸に入っただけでこの変わり様

海沿いも山々も楽しめる四国の魅力です。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523211548j:plain

今朝は雷雨だったなんて想像も出来ないな・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523211718j:plain

「こりゃぁ四国カルストも絶景だぞ!!!」

 ・・・なんて、思っていたのですが

 

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523211922j:plain

えぇ・・・ ウソ・・・ (前の写真からわずか10数分後)

四国カルストを目前にして天候が急変。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523211942j:plain

道の駅に入り、この旅初めての雨天走行仕様に。

トラックの運転手さん曰く

「一昨日まではずっと天気が良かった」とのこと。

なんならつい数分前まで天気良かったよ・・・なんてこった。

 

とりあえず四国カルストを目指すとして

そこへ向かうルートがいくつかあります。

 

南側から四国カルスト天狗高原へ向かうルートとして考えられるのは

  • 東津野城川林道ルート【左側】
  • 県道304号線ルート【中央】
  • 県道48号線ルート【右側】

の3つのルート。

 

路面状況・走りやすさを考えたとき

「林道」と名のつく東津野城川林道ルートが

真っ先に選択肢から外れそうですが

実はこのルートが片側一車線で一番マトモ

 

県道304号線ルートと県道48号線ルートは道幅が狭く

調べてみるとあまり推奨されていません。

 

 

東津野城川林道の入口まで進むと・・・

 

f:id:MotorcycleTourist:20160523212207j:plain

なんと通行止

 

なんてこった。

これではあまり推奨されていない県道(険道)ルートで

四国カルストを目指すしかないではないか。

 

県道304号線ルートに予定ルートを変更

県道304号線の入口まで進むと・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524194448j:plain

ここも通行止

 

なんだ!?

自分は何か悪いことでもしたのか!?

こうなったら意地でも四国カルストに行ってやる・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524200419j:plain

結局、

一番評価が悪い(?)県道48号線ルートで四国カルストを目指すハメに。

道幅は狭く、路面は濡れていて落ち葉や枝が散乱。 

しかし、本当の難所はここから・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524200406j:plain

濃霧。

・・・いや、正確には雲でしょうか。

 

標高が高くなるにつれ視界は真っ白に包まれ

数メートル先がなんとか見える程度。

危険、非常に危険。対向車が恐ろしい。

ライトをハイビームにして恐る恐る進みます。

 

 

そして、遂に・・・四国カルストへ。

 

 

四国カルスト・天狗高原で起きた「奇跡」

午後1時20分 四国カルスト・天狗高原に到着

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524195141j:plain

・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524195205j:plain

・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524195215j:plain

・・・ダメだ、こりゃ。

 

何も見えない(笑)

調べてみると四国カルストは霧で有名みたいです。

晴れているほうが珍しいとか。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524195228j:plain

幻想的といえば幻想的ですけど

晴れたほうが良かったなぁ・・・

頂上は麓よりもさらに深い霧に包まれており

ほとんど前が見えない状態。

 

これ以上進んでもしょうがないと思い

引き返そうとしたところ

「県道48を戻るより、真っ直ぐ行ったほうがいいよ」

とバスの運転手さんに教えてもらいました。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524195653j:plain

たしかに、折角来たんだから途中で引き返すのはやめよう

対向車に注意しながらバイクをゆっくり走らせます。

 

しかし、気持ちは完全に萎えかけていました。

「次、四国カルストに行けるのはいつだろう。

バイクで来ることなんてもう二度とないかもしれない。

最初で最後の四国カルスト、その景色がこれか・・・」

 

深い霧に包まれた四国カルスト

単純作業の如くただ下山することだけを考え

アクセルを回していました。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524200108j:plain

 

その時の"感じ"は今でも鮮明に覚えています。

 

遠くの丘のシルエットが

ぼんやり見えてきたかと思えば

辺りを覆っていた霧は

たちまち姿を消していきました。

 

カーブを曲がるとそこには

「四国カルスト」の光景が広がっていたのです。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524200526j:plain

自分のいる四国カルストの真上だけ雲が消え去り

まるで台風の目の真ん中にいるような感覚でした。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524200538j:plain

依然として山の周囲は雲に覆われ

遠くの街まで見渡すような「絶景」を

拝むことは出来ませんでした。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524200546j:plain

それでも十分に満足でした。

深い霧が一瞬にして姿を消し

四国カルストの光景が突如目に飛び込んできたあの"感覚"が

何よりも素晴らしかったのです。

 

 

道の駅で起きた「奇跡」

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524201657j:plain

すぐに次の雲が押し寄せ

四国カルストは再び真っ白な世界に包まれました。

目的地の松山までまだかなり距離を残しているので下山。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524201710j:plain

雲の中を走ったバイクはびっしょり濡れていました。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524201724j:plain

麓まで下がると再び日差しが。

本当に頂上だけ雲に包まれていたんですね・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524201735j:plain

この時点で起床から半日が経過。

悪天候での峠越えもあり

疲労がかなり蓄積していました。

 

 

大洲へ向かう国道を走行中

現地のパトカーとすれ違います。

特に思い当たるような節は無かったのですが

ミラーで確認してみると

すれ違った直後にUターンをしているではないですか!

 

何か悪いことしたかな・・・

シートバッグがずれてウインカー隠しちゃってるとか?

パトカーから見えない所で脇道にそれ、やり過ごすことに(笑)

サイドスタンドを出してバイクを停めようとすると・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524202033j:plain

あっ・・・!

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524202042j:plain

ガチャンッ!!!

バイクを倒してしまいました。

幸い目立った損傷もありませんでした。

集中力が切れてきている・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524202314j:plain

何処かで一度休憩しよう。

途中、道の駅を見つけたので

駐車場へバイクを走らせます。

 

すると、そこには"見覚えのあるバイク"が・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524202336j:plain

なんと、今朝Twitterで挨拶を交わした方のバイクが停まっているではないですか!!!

 

バイクの横で私がキョロキョロしていると

向こうからバイクの持ち主と思われる方が近づいてきて

「もしかして・・・!」といった感じに(笑)

相手の方もかなり驚いていた様子(笑)

 

進路はお互い逆方向なので

この先のルートについて情報交換をして

旅の無事をお互いに祈って再出発!

疲れも吹き飛びました!

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524203213j:plain

いやぁ~・・・こんなことってあるんだなぁ・・・

あの時休憩しようと道の駅に入らなかったら・・・いや、この日のあらゆる行程のどこかひとつでも違っていたら、偶然の出会いをすることはなかったのかもしれない。

 

頬は緩みっぱなし(笑)

見上げると美しい空が広がっていました。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524203236j:plain

大洲から伊予長浜へ出て

瀬戸内海沿いに松山へ続く

国道378号線(通称"夕やけこやけライン")へ。

 

 

瀬戸内の絶景 夕やけこやけラインで愛媛県松山へ

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524203611j:plain

海岸線沿いに走る絶景道路「夕やけこやけライン」。

夕暮れ時にはまだ早かったですが

それでも大変美しく素敵な道路でした。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524203719j:plain

今度は夕暮れ時に走ってみたい・・・

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524203934j:plain

この"夕やけこやけライン"沿いに

前々から訪れてみたかった場所があります。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524204030j:plain

午後4時30分 JR下灘駅

青春18切符」のポスター広告に起用されたことで有名なJR下灘駅

小さなホームのすぐ向こう側に大きな海が広がっていて

旅情を感じさせる小さな駅です。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524204057j:plain

JR予讃線

高松駅宇和島駅を結んでいます。

青春18切符でのんびり旅をするのも楽しそうです。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524204042j:plain

駅には自由に出入りが出来

バイクを押して入ることも出来ちゃったのですが

良かったのだろうか・・・(たぶんダメ。)

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524204457j:plain

瀬戸内海を望む小さな駅で暫し休憩した後

本日の目的地である松山へ。

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524204353j:plain

・・・おっと、また雲行きが怪しくなってきた(笑)

 

 

f:id:MotorcycleTourist:20160524204717j:plain

午後5時50分 愛媛県松山市到着

今にも雨が降り出しそうな空模様ですが

降られることなく無事松山に到着。

 

ホテルにチェックイン。

大浴場が天然温泉ということなのでさっそく汗を流します。

松山といえば「道後温泉」が有名ですが

松山中心部のホテルからかなり離れているのと

すっかり疲れていたので今回は見送ることに。

 

まぁ、道後温泉は以前も来たことあるし

バイクじゃないときにまたのんびり行きましょう!

ということで(笑)

 

夕食を探していると

「松山は鍋焼きうどんが名物」とのこと。

目星をつけたお店2軒を外から見てみると

どちらもやっているのかどうか分からない暗い・・・

なんか怖い・・・(笑)

 

 結局「麺家なかむら」さんという所で

塩バターラーメンをいただきました Σ( ̄;)

帰りにコンビニで缶ビールとおつまみを買って部屋でしっぽり・・・

 

 

朝5時に室戸岬を出発して以来「本当にたった一日での出来事なのか」と思えるほどこの日はいろんなことがありました。

 

上手くいかなかったこと、期待通りにはいかなかったこともたくさんありましたが、想像もしていなかったような素晴らしい体験もたくさんできました。

 

どんなに準備しても上手くいかないこと、逆に、良い意味で予期せぬ場面に遭遇することもある。それが旅の魅力なんだなぁ・・・というのを強く感じた一日でした。

 

◇125ccバイク日本一周の旅2015 DAY 05◇

出発:室戸岬 午前5時00分

到着:松山  午後5時50分

走行距離:369km(メーター読み)